農文協からのお知らせ

2016年2月5日

おめでとう!秋田県大館市立南小5年・富樫賢暉くん

カテゴリー: お知らせ, 著者, 記事 — okabe @ 4:51 PM

■農文協刊・写真絵本「農家になろう イネとともに」を読んで、
秋田の小学5年生が青少年読書感想文全国コンクール<全国学校図書館協議会長賞>受賞!

毎日新聞2016年2月2日報
「第61回青少年読書感想文全国コンクール(全国学校図書館協議会・毎日新聞社主催、サントリーホールディングス株式会社協賛)は、450万946編(参加 2万6481校)の応募の中から、地方審査を通過した511編の入選作品中央審査が行われ、次の通り入賞者が決定した。表彰式は2月5日(金)午後1時、 東京・大手町の経団連会館で行われる。」

9784540121869sato

大館市立南小学校5年生の富樫賢暉くんはこの本を読んで
「農業だって楽しそうだ」という感想文を書きました。

絵本で紹介される福島の農家、サトちゃんこと佐藤次幸さんのイネづくりの方法や経営の発想などから、農業のよさや楽しさを次々と発見していくという、大人顔負けの秀逸なもので、農家や農業関係者、地域の人々にも元気をあたえてくれるものです。感想文から一部引用してみます。

「…僕のうちも兼業農家だ。農家、とくに、米作りは大変な仕事だと思っていた。 けれどもサトちゃんは農家のイメージを変えた。サトちゃんは人と違う考え方を農業で行っている。…だからサトちゃんの仕事にはおどろくことばかりだ。サトちゃんは常に挑戦している。…自分で考えて、自分がやってみたいように工夫する。仕事ってそういうものではないかと。サトちゃんの顔は、仕事中でもリラックスしている。仕事がつらいか、楽しいかは、本人が決めるということなんだ。農業だって楽しそうだ。」

表彰式では編集部の担当者と、サトちゃんも駆けつけてくれました。

富樫君は「あこがれの」サトちゃんに会ってどんなお話しをしたのでしょうか。

2015年12月8日

【NHK・クローズアップ現代】田園回帰1%戦略について放送されます。

カテゴリー: お知らせ, 著者 — okabe @ 10:22 AM

NHKクローズアップ現代で「田園回帰1%戦略」が紹介されます。

田園回帰 第1å·»_jacket_112月9日(水)のクローズアップ現代(NHK総合 19:30~19:58)で、田園回帰1%戦略が紹介されます。
番組タイトルは「“移住1%戦略”は地方を救えるか?」

クローズアップ現代の番組ホームページに予告が登場しました。

番組ではビデオで島根県邑南町など都会からの移住先進地の取材をまじえて、
藤山浩先生の「田園回帰1%戦略」を紹介、それを受けて、スタジオでゲストの
小田切徳美先生(シリーズ第3巻『田園回帰の過去・現在・未来』2月刊編者)が
国谷キャスターの質問に答えてコメントするとのこと。
都会からの移住希望者が増えているというシーンでは「ふるさと回帰支援センター」の
嵩和男さん(かさみ・かずお 第3巻共著者)も登場予定です。

ご期待ください。

●NHKクローズアップ現代
2015年12月9日(水)放送 19:30~19:56 放送予定(再放送 12月10日(木)1:00~1:26/深夜です)

■田園回帰シリーズ

第1巻 田園回帰1%戦略 地元に人と仕事を取り戻す

第2巻 総力取材 人口減少に立ち向かう市町村

2015年10月15日

【著者出演】『イチジクの作業便利帳』真野隆司先生が、NHK「うまいっ!」に出演します。

カテゴリー: お知らせ, 著者 — okabe @ 1:11 PM

■『イチジクの作業便利帳』著者の真野隆司先生が、
NHK日曜朝6:15~の番組「うまいっ!」に出演します。

9784540131059
テーマはもちろん、今旬を迎えているイチジク。
ドーフィンと、もう一方の品種、蓬莱枝については、
やはりこちらも著者である福岡農試の粟村光男先生が、ビデオ出演される予定です。

放送はこんどの日曜、10月18日です。

NHK日曜朝6:15~「うまいっ!」

●イチジクの作業便利帳
著者 真野隆司 編著
定価 2,376円 (税込)
ISBNコード 978-4-540-13105-9 発行日 2015/08
判型/頁数 B5 128ページ

凍害や株枯病対策、水やりのテクニックなど栽培のコツ、作業改善のポイントを手ほどき

安定した価格で販売され、高齢者や女性にも作りやすいことから人気のイチジク栽培。しかし、いざ実際に取り組んでみると意外と難しいのに気付く。ちゃん と防除したはずなのにスリップスに悩まされ続けたり、雨が降ると途端にくず果が多くなったりするなど、失敗も多い。本書は、実際によくある失敗や課題を整 理して、ステップアップをはかるための勘どころとなるコツや作業改善のポイントを手ほどきする。またイチジクで長年の課題となっている連作によるいや地 (樹勢低下)対策や低温障害への備え、また遭ってしまってからのリカバリの方法、株枯病対策、さらに、より軽労化できる仕立て方、樹形など新研究について も紹介。

著者:真野隆司(兵庫県立農林水産技術総合センター)、粟村光男(福岡県農林業総合試験場)、小河拓也(兵庫県立農林水産技術総合センター 北部農業技術セン ター)、鬼頭郁代(愛知県農業総合試験場)、細見彰洋(大阪府立環境農林水産総合研究所)、松浦克彦(兵庫県立農林水産技術総合センター)

目次:

1章 ここが大事、イチジクの生育特性
1 もともと日本は条件不利地!?
2 同じ枝に生育ステージの違う果実が混在…
3 省力、高品質、多収の新技術続々 ――発展途上の果樹

2章 イチジク栽培の勘どころ 作業改善の10のポイント
その1 凍害をどう軽減するか
その2 株枯病予防に苗木は自分でつくる
その3 芽かきで「あともう1 本」の欲は捨てる
その4 その薬液量で十分ですか?
その5 水やり名人になる
その6 “危ない果実” は未練なく捨てる
その7 肥料・水で甘やかすな
その8 最後の詰めは「パック詰め」
その9 列間は2 ~2.2 mあけて植える
その10 「桝井ドーフィン」と違う「蓬莱柿」栽培のポイント

3章 休眠期~萌芽期・新梢伸長期の管理
1 最大の難所、凍害を乗り切る
2 芽かきで着果調整
3 新梢管理――誘引、摘心、副梢処理
4 肥料は過不足なく効かす
5 湿害・排水対策
6 地表面管理は敷きワラマルチで

4章 成熟期の管理
1 水やり名人を目指す
2 エスレルによる熟期促進
3 白色シートマルチを使いこなす
4 収穫と出荷
5 台風対策

5章 休眠期の管理
1 施肥と土づくり
2 「蓬莱柿」の施肥と土づくり
3 せん定

6章 病気・害虫と生理障害、鳥獣害対策
1 おもな病害と防ぎ方
2 おもな虫害と防ぎ方
3 鳥獣害対策
4 生理障害

7章 ハウス栽培の実際
1 「桝井ドーフィン」の加温栽培
2 「桝井ドーフィン」の無加温ハウス栽培
3 「蓬莱柿」の加温ハウス栽培

8章 新規開園、幼木養成の勘どころ
1 イチジク栽培が有利なこれだけの理由
2 品種選びと導入の注意点
3 ほ場選びのポイント
4 開園の実際
5 苗木づくりの実際
6 定植の実際
7 定植初年目の管理
8 定植2 年目の管理
9 定植3 年目以降の枝管理

9章 新樹形、新栽培法
1 省力・早期成園化が可能な新樹形
2 注目の新栽培技術

付 イチジク果実の加工・販売の工夫
・ジャム、乾果の製造法
・ピューレの製造法

イチジクに登録のあるおもな殺菌・殺虫剤
イチジクのおもな品種

2015年10月13日

【シンポジウム】都市・農村共生社会創造シンポジウム in東京11/7(無料)

カテゴリー: イベント, 著者 — okabe @ 11:35 AM

都市・農村共生社会創造シンポジウム in東京

都市住民、特に若者や子育て世代などの農村志向が高まっています。
こうした動きを「田園回帰」として捉え、農村の持つ可能性と存在意義を
見つめ直し、農村と都市が協力し合いながら共生する社会を創造するために、
私たちは何をすべきでしょうか。基調スピーチによる問題提起とパネルディスカッションを通じて考えます。

tyousonkai20151107■日時:2015年11月7日(土)13:00~

■場所:コンベンションルームAP東京 八重洲通り(東京都中央区京橋1-10-7 KPP八重洲ビル7F)
■参加料:無料(要・申込み)
■定員:300名(先着順)

◆基調スピーチ「田園回帰と日本の未来」
・大江正章 氏(コモンズ代表)
・小田切徳美 氏(明治大学農学部教授)
・広井良典 氏(千葉大学法政経学部教授)

◆パネルディスカッション「田園回帰のススメ~共生と循環の扉を開く」
・藤山浩 氏(コーディネーター・島根県中山間地域研究センター研究統括監)
・横洲竜 氏(島根県邑南町定住支援コーディネーター)
・須田元樹 氏(株式会社 山の暮らし舎代表取締役)
・長島由佳 氏(合同会社PoLuckField里美代表 元地域おこし協力隊員)
・沼尾波子(コメンテーター・日本大学経済学部教授)

◆主催:全国町村会 一般財団法人 地域活性化センター
◆協力:岩波書店 コモンズ (一社)農山漁村文化協会(農文協)

■参加申し込み・お問い合わせは
一般財団法人 地域活性化センター 企画・コンサルタント業務課
TEL03-5202-6133 FAX03-5202-0755

・詳しくは チラシ(PDF)

メールでのお申し込みは kikaku@jcrd.jp まで 以下の要素でお申し込みください

========================================

●お名前          (フリガナ)

●都道府県         ●市区町村

●職業(会社・学校名)

●TEL

●FAX

●E-mail

========================================

【関連書】
9784540142437■田園回帰1%戦略

地元に人と仕事を取り戻す

藤山浩







9784540142352■はじまった田園回帰(農文協ブックレット12)

現場からの報告

著者 小田切徳美
藤山浩
石橋良治
土屋紀子


2015年10月9日

【新刊】『無音の叫び声-農民詩人・木村迪夫は語る』 映画は10/12公開!

カテゴリー: イベント, 地方, 著者, 記事 — okabe @ 12:02 PM

にほんのひのまる
なだてあかい
かえらぬ
おらがむすこの ちであかい

カバー+おび 6●戦後70年は残された女・子どもたちの戦いだった。
農民詩人・木村迪夫の反戦の叫びを
ドキュメンタリー映画監督・原村政樹が綴る。
【目次より】
はじめに
1.農民詩人・木村迪夫の誕生
大地に生きる詩人/自我の目覚め/研ぎ澄まされた精神
2.逆境の中で
反戦詩人・木村迪夫/戦争未亡人となった母/祖母の慟哭/非情な村/戦争で父を失って

3.村を描く
真壁仁との出会い/結婚/青年団・青年学級活動

4.村の外から
変わりゆく村/出稼ぎ

5.村で生きる
「ゴミ屋」開業/減反(コメを作るな)/小川プロダクションを村に呼ぶ/村の精神風土を描く

6.埋もれさせない
戦没者たちの怨念を伝える(飢餓地獄のウェーキ島)/果たせぬ夢/村よ 永遠に

追記 まぎの村へ帰ろう

あとがき
(それぞれの章に木村迪夫の詩を収録)

●ご注文は「田舎の本屋さん」
flyer-A

ドキュメンタリー映画「無音の叫び声-農民詩人 木村迪夫の牧野物語」
(原村政樹監督、2015年10月公開作品)の書籍版。

本書は映画と連動して、一農家(戦争で一家の大黒柱を失った家族)の戦後史を辿り、戦争とは相容れない自然と農と村の奥深さを描いている。木村迪夫という一農民の自伝ではなく、人物伝でもない。この国で、農民として生きるとはいったいどういうことだったのか。戦争と平和、そして命につながる農の営み。この普遍的なテーマに汗みどろになって取り組んできた木村迪夫の生き様を、迪夫の語りを縦糸に、迪夫の詩を横糸にして綴った。声高に反戦を叫ぶのではなく、静かに訴える「無音の叫び声」。
映画中の詩の朗読は、舞踊家の田中泯さんです。

■山形国際ドキュメンタリー映画祭で世界初公開!
10月12日 山形市民会館 10:00~(1回のみ)
http://www.eiga-muon.net/
*終了後 田中泯さん、木村迪夫さん、原村政樹 監督の舞台挨拶あり。

【イベント】 「シカ・イノシシ利用大全」著者 田中康弘さんトークショー

カテゴリー: イベント, 著者 — okabe @ 11:21 AM

■「シカ・イノシシ利用大全 絶品料理からハンドクラフトまで」
著者 田中康弘さんのトークショーです。

recommend_image

発売後、大好評です!
また、著者の6月に出た「山怪」(山と溪谷社)もぐんぐん売れてます。

そんな田中さんのトークショーが神保町で開かれます。
参加無料です。(書泉グランデは要申込み)

ぜひ、お越しください

(終了しました)その1【神保町・農業書センター】 「『食べる』が基本! 狩猟の世界を丸ごと知る」
shop2■日 時:10月22日(木) 午後7時~
■場 所:農業書センター特設ステージ TEL:03-6261-4760 FAX:03-6261-4761
東京都千代田区神田神保町2-15-2 第1冨士ビル3階
■参加費:無料
お問い合わせは TEL:03-6261-4760
アクセスはこちら

★終了しました。たくさんのご参加ありがとうございました。

その2【書泉グランデ(神保町)7F イベントスペース】

shop_1■日時:2015 年11月5日(木)19:00開演(18:45 開場)
■場所:東京都千代田区神田神保町1-3-2
書泉グランデ(神保町)7F イベントスペース
■参加費:無料(5Fレジにて参加券を差し上げます)
お問い合わせ・詳細は
書泉グランデ5階 03-3295-0011まで

アクセスはこちら

2015年10月6日

【広告】良い歯の会35周年記念講演会

カテゴリー: 全国紙, 広告, 著者 — okabe @ 4:26 PM

朝日・産経・読売新聞 日本農業新聞掲載

良い歯の会 35周年記念講演会のおしらせと一緒に

丸橋歯科2015.08全5d-02

お求めはお近くの書店、または「田舎の本屋さん」

心と身体の病と闘う-「良い歯の会」35年の軌跡

歯 良い治療 悪い治療の見分け方

新しい歯周病の治し方

いのちを見つめて歯から治す

噛める幸せ インプラントの実際咬み合わせ不良の予防と治療

正しい「歯の矯正」の本

健康の輪至福の漬物手づくり加工・保存の知恵と技

2015年9月25日

【受賞】王勇先生 2015年度国際交流基金賞受賞!

カテゴリー: お知らせ, 著者 — okabe @ 11:15 AM

当会から『おん目の雫ぬぐはばや』 『奈良・平安期の日中文化交流―ブックロードの視点から』 『中国史のなかの日本像』などの編著書を出版された、浙江工商大学東亜研究院院長・教授の王勇先生が、2015年度国際交流基金賞を受賞されました。

(以下 国際交流基金・HPより引用)

==========================================

王 勇(浙江工商大学東亜研究院院長/教授) [中国]

授賞理由

王 勇(浙江工商大学東亜研究院院長/教授)の写真

王勇氏は、1980年国際交流基金が中国における日本語教師養成のために設置した「大平学校」(「北京日本学研究センター」の前身)の第4期生である。王勇氏はそこで日本と日本語と出会ったことを出発点に、中国の日本研究と日中間の文化交流の発展に半生を捧げてきた。

王勇氏はこれまで、中国内外で44冊の著書・編著や多くの学術論文を発表し、中国日本史学会副会長や中華日本学会副会長をはじめとする要職を歴任した。中国における日中文化交流史研究を代表する泰斗であり、代表的著作のいくつかは日本語でも出版され、好評を博している。

王勇氏の研究の視点はユニークである。現在、中国では「一帯一路」構想のもとで陸と海のシルクロードを提唱しているが、王勇氏はこうした構想の提起 よりかなり以前から日中文化交流史をシルクロードの中に位置付けている。古代から続く日本と中国の交流の歴史を、中国から日本への一方通行的なものではな く、絹が日本から中国に輸出されていたことなど、日中間の双方向の交流としてとらえているところに斬新さがある。

王勇氏は、日中間の文化交流はシルクよりも書物を通じた知的交流が特徴的であったことから、これを「シルクロード」になぞらえて「ブックロード」と 名付けている。「ブックロード」は奈良・平安期に遣唐使などを通じて開花し、その後江戸期にいたるまで、中国で逸失した本が日本から再輸入されるなど双方 向の交流として続いていたという。ユニークという点では、聖徳太子の虚像と実像を、当時の東アジア世界の中でより大きなスケールで描き出した聖徳太子論も 注目に値する。

今日では王勇氏の学術活動は世界に広がっているが、日中間の知られざる文化・学術交流史に光をあて、国際相互理解の増進に果たした役割は特筆すべき である。今回の王勇氏の受賞を契機に、中国の日本研究と日中間の文化交流が今後益々盛んになることを期待し、国際交流基金賞を授与する。

今回は同時に 作曲家の冨田勲氏、シビウ国際演劇祭(ルーマニア) も受賞されています。

==========================================

■今回の受賞を記念して、講演会が開かれます。

浙江工商大学東亜研究院院長/教授 王勇氏 講演会
「此の時、声無きは声有るに勝る―東洋的文化交流のスタイル―」
日時:     10月22日(木曜日) 18時30分~21時(開場18時)
会場:    国際交流基金 JFICホール[さくら]
言語:     日本語

お申込みなど、詳しくは こちらから

■国際交流基金について

国際交流基金賞は国際交流基金設立の翌年である1973(昭和48)年に始まり、今年で43回目を迎えます。
本賞では、学術、芸術その他の文化活動を通じて、国際相互理解の増進や国際友好親善の促進に長年にわたり特に顕著な貢献があり、引き続き活動が期待される 個人又は団体を顕彰しています。

国際交流基金賞

2015年9月9日

【著者】台所防災術・坂本廣子さん 神戸市の広報で

カテゴリー: お知らせ, 著者 — okabe @ 2:39 PM

「普段の暮らしで 食の備えを」 料理研究家 坂本廣子さん

阪神淡路大震災から20年、東日本大震災から4年半。
震災に対する記憶を伝えることの大切さがますます求められています。
また、いざ、という時の防災のあり方も「自助」「共助」「公助」では「自助」が一番に必要、ということで
「食」の備えに対する考え方も自治体で変わってきています。
神戸市・災害時に備えたい備蓄品

神戸市はいままでの防災計画を見直し、まずは「自助」の各家庭による食料の備えを要請することに
変更しました。市の広報誌「市制だより」に阪神淡路大震災を経験した神戸市在住の坂本廣子さんの
防災法(ローリングストック法が紹介されています。

koubesikouhou_S








ほかにもいろいろ、
坂本廣子さんの防災術を解説
「台所防災術 がんばらなくても大丈夫」

【イベント】「OH!産day!」9/13(日)開催!

カテゴリー: イベント, 著者 — okabe @ 1:52 PM

「お産を楽しむ本」著者関連イベントです!

本はこちら「お産を楽しむ本」

=============================

「産むこと・生まれること(お産)」を身近に感じるイベント”Oh! 産day!”。
2回目の”Oh! 産day”のテーマは、「未来へのバトン」です。

たくさんのワークショップ、おいしいFood、心くすぐる雑貨や服のお買い物・・・
これから産む人、産みたい人、カップル、おじいちゃんおばあちゃん、
そして、赤ちゃんもこどもも。みんなが素敵につながる1日。
みんなで遊びに来て下さいね。

[日時]
2015年9月13日(日曜)
出店:10:00~16:00
Jazz ライブ:17:30〜19:00

[場所]
やぼろじ(メイン会場)・くにたちはたけんぼ・下谷保防災センター

■詳しくは

http://manmaru-jyosanin.com/sunday/

古い投稿 »

Powered by WordPress