農文協からのお知らせ

2015年9月9日

【新聞記事】毎日小学生新聞にのらのら「干し野菜」の記事掲載

カテゴリー: お知らせ, 記事 — okabe @ 11:31 AM

■小学生向け新聞「毎日小学生新聞」に「のらのら」の記事!

maisyou0907毎日新聞社からでている、日本で一番歴史がある
こども向け新聞の「毎日小学生新聞」に、

「のらのら」から「おひさまオーブンで干し野菜!」
の記事が掲載されました!

9/7~9/9の3日連続です。

「のらのら」もしっかり紹介していただいています。

●毎日小学生新聞とは
毎日小学生新聞は2013年、1936年12月の創刊から77年を迎えました。日本の子ども向け新聞としてはもっとも歴史がある新聞です。 詳細は こちら

●季刊誌「のらのら」と「のらのら16号」は こちら

2015年9月3日

農文協は「出版物に消費税の軽減税率適用を実現させるための活動」に賛同します。

カテゴリー: お知らせ, 広告 — okabe @ 5:25 PM

基本 CMYK

■出版界は、2017年4月に予定されている消費税10%引き上げに際し、出版物への軽減税率適用を求めます。現在、生活必需品である食料品への 軽減税率が検討されています。食が「身体の糧」であるように出版物は「心の糧」であり、生きていく上で欠かせないものです。すべての国民が、書籍、雑誌等 の出版物に広く平等に触れる機会を持つことは、民主主義の健全な発展と国民の知的生活の向上にとっても不可欠です。その意味では、すべての出版物に軽減税 率を適用すべきと考えます。

農文協もこの運動に賛同いたします。

詳しくは 下記をご覧ください。

http://www.jbpa.or.jp/pdf/documents/20150901.pdf (意見広告・日本書籍出版協会)

http://shuppankoho.jp出版広報センターのHPです。意見広告も掲載。)

2015年7月14日

【夏休みのイベント特集!その1】三省堂名古屋高島屋店こどもサイエンス 日本ミツバチを見て味わって調べてみよう!

カテゴリー: お知らせ, イベント — okabe @ 10:30 AM

【夏休みイベント!その1】
三省堂名古屋高島屋店こどもサイエンス 日本ミツバチを見て味わって調べてみよう!

【三省堂名古屋高島屋店】
こどもサイエンス
日本ミツバチを見て味わって調べてみよう!

農文協刊・DVDブック『飼うぞ 殖やすぞミツバチ』の著者、岩波金太郎さんが講師。
飼育中の巣箱をつかったミツバチの観察、ハチミツの試食など。
■日時:8月1日(土) 午後2時30分〜午後3時30分
■場所:ウインクあいち 1202中会議室
( 〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38)
■参加条件:三省堂書店名古屋高島屋店サービスカウンターにて無料整理券を受け取ってください
▽お問い合わせ先
三省堂書店 名古屋高島屋店 電話052-566-8877

nagoyasanseidou20150801

2015年6月25日

【イベント】「はちみつフェスタ2015」今年も開催!

カテゴリー: お知らせ, イベント — okabe @ 11:28 AM

■蜂蜜を満喫するイベント「はちみつフェスタ」今年も 銀座で開催されます!

2015HONEYFES

★農文協もミツバチの本、雑誌「うかたま」や「のらのら」を展示販売します!

8月1日(土)~2日(日)
銀座紙パルプ会館1~3階(東京・銀座) 【入場無料】

はちみつの資格「はちみつマイスター」を運営する一般社団法人日本はちみつマイスター協会(東京都千代田区、代表:平野のり子)は、はちみつの日(8/3)に合わせてはちみつの様々な使い方が学べて、日本・世界のはちみつが購入できるイベント「はちみつフェスタ2015」を開催いたします。

消費者にとって、はちみつは「身体にいい」、「美容にいい」という良いイメージがあっても、使い方といえばパンやホットケーキに塗る、ヨーグルトに入れる程度の利用方法で、使い方がよく分からないというご意見が多いのが実情です。

そこで、本年で第3回目となるこのイベントをはちみつの普及活動として ①はちみつの美味しさを実感、②はちみつの様々な使い方を体験、をしていただくことではちみつの良さを再確認してもっと使っていただくことを目指しています。

また、本年は初開催の最も美味しいはちみつを選ぶコンテスト「第1回ハニー・オブ・ザ・イヤー」で最終審査に進むはちみつを来場者に食べて投票してもらう一般部門も同時開催いたします。

■詳しくは はちみつマイスター協会のHP

2015年6月16日

【イベント】都市・農村共生社会創造シンポジウム~田園回帰の時代を拓く~

カテゴリー: お知らせ, イベント — okabe @ 5:15 PM

都市・農村共生社会創造シンポジウム

~田園回帰の時代を拓く~in山形

2015denenkaiki日時:平成27年7月18日 13:30~

場所:食糧会館(山形県山形市旅籠町3-1-4)

参加費:無料

定員:150名

■お申し込みは
一般財団法人 地域活性化センター まで

2015年6月10日

【イベント】京都・大垣書店でサイエンス・カフェ(無料)

カテゴリー: お知らせ, イベント — okabe @ 3:30 PM

■国際土壌年を記念して、土について考えてみませんか?

チラシ
大垣書店イオンモールKYOTO店で開催中の自然科学書フェア期間中にサイエンス・カフェを実施いたします。

(参加費無料)
ぜひこの機会に最先端のお話を聞きに来てください。

場所:大垣書店イオンモールKYOTO店 イベントスペース
日時:
1)2015年6月20日(土)14:00~15:30
「土壌と私たち~土の歌を聴け~」
講師:矢内純太先生(京都府立大学)

2)2015年7月25日(土)14:00~15:30
「生まれ変わる動物園 その後~近くて楽しい学びの場へ~」
講師:田中正之先生(京都市動物園生き物・学び・研究センター)

■サイエンスカフェとは…
(気軽に打ち解けた雰囲気の中で、自然科学の研究者と皆様が最先端の話題について語り合い、そして会話の中で素朴な質問や意見が飛び交う場、喫茶店のような場としたいとのネーミングです。)

カフェチラシ

■お問い合わせ:
大垣書店イオンモールKYOTO店
TEL:075-692-3331

2015年6月3日

【DVD】この手があった! あぜや法面の草刈りを楽にするワザ

カテゴリー: お知らせ, 新刊, DVD(動画) — okabe @ 12:52 PM

農文協の農家向けDVDが好評です!(DVD『雑草管理の基本技術と実際』(全4巻))

草刈りでお悩みの方々に、朗報!「なるほどこの手があったか」と納得
草刈りをラクにする技をDVDでわかりやすーく、解説します。

●草刈りのワザ その1「根こそぎ刈り」
刈り払い機のヘッドを少し傾けるだけで自分に石や草が飛んでこない

zassouDVD01

【やり方】
ナイロンコードの刈り払い機を使うとき、
右手を少し下げ、左手をやや上げる。
つまりヘッドを少し右に傾けてやる。
たったそれだけのことで、本当に石や草が飛んでこなくなる!
(なるほど!!)



●草刈りのワザ その2「あぜ草の高刈」
刈り払い機の刃を地際スレスレではなく、ある程度の高い位置で刈り進める。早くてラクチン

zassouDVD02

【やり方】
刈高さ10センチから15センチほどであぜ草を刈る。
刈る回数は従来と同じでOK。3年続けると広葉雑草が増え、
イネ科雑草が激減。斑点米カメムシも減る。
(なるほど!!)



●多面的機能支払の研修、勉強会での活用が広がっています。

zassouDVD03



←集落の集会所で上映会!




zassouDVD04




←DVDを見たあとは、ワイワイとにぎやかに草刈談義



◆DVDについて詳しくはこちらへ。

DVD『1巻 雑草管理の基本と除草の実際 』

DVD『2巻 田んぼ・畦畔の雑草 』

DVD『3巻 畑の雑草 』

DVD『4巻 土・作物・景観もよくなる農家の工夫 』

DVD『雑草管理の基本技術と実際』(全4巻)

サンプル映像も視聴できます。(1巻・全4巻)

2015年5月14日

【イベント】内山 節講演会 & 交流の集いのご案内 6月6日(土)

カテゴリー: お知らせ, イベント — okabe @ 10:57 AM

●哲学塾東京分校(の・ようなもの)セミナー(第15回)
内山 節 講演会 & 交流の集いのご案内

■日時:2015年6月6日(土) 13:00~17:00(12:30~ 受付開始)
12:30~ 受付開始
13:00~ 内山節講演会(ご講演終了後、休憩時間を利用して参加者相互の交流、その後は質疑応答を中心に自由討議)
17:30~ 講演会終了後、交流の集い(参加希望者のみ)

■テーマ:「21世紀の社会と現代哲学の課題」

■場 所:王子工業会館
〒114-0022 東京都北区王子本町1-22-3 電話 03-3900-3812
(JR京浜東北線、東京メトロ南北線 王子駅 徒歩6分)

■会 費:1,000円(資料代、飲物代等を含む。)

■交流の集い 講演会終了後、内山さんを囲んで、参加者相互の交流の集いを開催します(参加希望者のみ)。
多彩かつ多様な参加者との交流と新たな出会いの場です、お気軽にご参加ください。(会費 3,000円程度、50人程度)
参加ご希望の方は、交流会の出欠も含めて、事前に世話人までご連絡いただきたく存じます。
主 催 哲学塾東京分校(の・ようなもの)

詳しくは 世話人 まで

■農文協より 内山著作集・刊行中です。

最新刊「内山節著作集4 哲学の冒険」は5/18刊行予定

9784540141287bouken知識としての哲学史から、美しい人間の生き方と美しく生きることのできる社会をつくる哲学へ――15歳の「僕」が記す「哲学ノート」という形式をとった異色の哲学入門。ほかにこの本のベースとなった新聞連載「哲学のロマン」と動植物にまつわるエッセイを収録。

【イベント】『アラヤシキの住人たち』発刊記念トークセッション

カテゴリー: お知らせ, イベント — okabe @ 10:45 AM

■写真絵本『アラヤシキの住人たち』刊行を記念して
内山節さん×本橋成一さんのトークセッションが開かれます。5/19(火)

9784540142581arayasiki

写真絵本『アラヤシキの住人たち』や5月に公開される同名映画作品の舞台となった真木共働学舎は、長野県小谷村の車が通わない山道を1時間半歩いたところ にあります。生きることの根源的な意味を考える「共に働く学び舎」として創設され、今の社会に肉体的・精神的な生きづらさを抱える人も、そうでない人も、 だれもが固有に持つそれぞれの能力を尊重しあう共同生活を、集落の中の「アラヤシキ(新屋敷)」で40年続けてきました。本作品ではくり返されるその営み の一年間とその時間の流れを記録しました。上野村で畑を耕し、森を歩きながら暮らしている内山節さんをお迎えして、「アラヤシキ」に流れる暮らしや時間を 語っていただきます。




<プロフィール>
本橋 成一 (もとはし せいいち)
1940年東京生まれ。写真家、映画監督。九州・北海道の炭鉱の人々を撮った作品『炭鉱〈ヤマ〉』で1968年第5回太陽賞受賞。以後、サーカス、上野 駅、築地魚河岸、大衆芸能など、市井の人々の生きざまに惹かれ写真を撮りつづける。映画監督作品にチェルノブイリ原発事故の被災地で暮らす人々を撮影した 『ナージャの村』『アレクセイと泉』など。写真集に『屠場〈とば〉』(平凡社)、『上野駅の幕間』(平凡社)、写真絵本に『うちは精肉店』(農文協)な ど。1998年写真集『ナージャの村』(平凡社)で第17回土門拳賞受賞。2015年、映画『アラヤシキの住人たち』を製作・監督。
■映画 『アラヤシキの住人たち』
絶賛上映中! 公式サイト

内山 節 (うちやま たかし)
1950年東京生まれ。哲学者。『労働過程論ノート』(1976年、田畑書店)で哲学・評論界に登場。1970年代から東京と群馬県上野村を往復して暮ら す。趣味の釣りをとおして、川、山と村、そこでの労働のあり方についての論考を展開。NPO法人・森づくりフォーラム代表理事。『かがり火』編集長。 2010年4月より立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科教授。2015年3月退官。『内山節著作集』(農文協)刊行中。

■開催日時:2015年5月19日(火) 開演18:30 (開場18:00)
■開催場所:MARUZEN&ジュンク堂書店渋谷店 7階喫茶コーナー
■定員:40名
■入場料:1000円(ドリンク付)

■お問い合わせ・ご予約は下記まで
MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店(東急百貨店本店7F)
電話:03-5456-2111
営業時間:10:00〜21:00

関連する本

■うちは精肉店  本橋成一 写真・文

9784540122224seiniku 生きものは、どのように食べものに変わるのか。手とナイフと牛とが一体になるその瞬間、肉、内臓、骨、皮、血、それぞれが、それぞれに生かされ、生きもの であった名前が、食べものの名前へと変わる。 こうして、おいしい肉やモツが生まれ、皮は太鼓となって生まれ変わる。いのちをいただいて、いのちを生か す。それが北出さんたち家族の仕事だ。




■内山節著作集13 里の在処(ありか)  内山節 著

9784540141379satonoarika群馬県の山村・上野村に念願の古い民家を譲り受けた著者が畑を耕し、四季折々むら人と交流する中で「里」を発見していく過程を描く物語。ほかに「いまフランスの山村では」「多層的精神のかたち」など3編を収録。

2015年5月8日

【イベント】こうじってすごい!&手前みそをつくろう『おうちでかんたん こうじづくり こうじのうたDVD絵本』出版記念

カテゴリー: お知らせ, イベント, 農業書センター — okabe @ 3:51 PM

トークライブ&体験イベント

こうじってすごい!&手前みそをつくろう

『おうちでかんたん こうじづくり こうじのうたDVD絵本』出版記念

koujiA

日時:5月30日(土)11時~
場所:農文協 農業書センター

こうじって何? お味噌ってどうやってつくるの?
著者で発酵デザイナーの小倉ヒラクさんと、味噌屋さんの五味醤油の五味仁さんが、
新刊『おうちでかんたん こうじづくり』のDVDもみながら、
発酵と味噌づくりについて、たのしいトークで紹介。
五味醤油オリジナルの「手前味噌キット」をつかって、
プロの指導のもと手前味噌づくりにも挑戦!

●参加の方には特典つき!
『DVD絵本 おうちでかんたん こうじづくり』を著者のサイン入りでプレゼント!
「手前味噌キット」誰でもかんたんに味噌を仕込める!

●ゲスト
小倉ヒラク(発酵デザイナー)
五味 仁(山梨・五味醤油)

日時:5月30日(土)11時~12時半
場所:農文協 農業書センター(神保町駅A6出口すぐ右手 サンドラッグ3階)
募集人数:20名(※親子の参加大歓迎!先着順、定員になり次第受付終了)
講師:小倉ヒラク(発酵デザイナー)、五味仁(五味醤油)
参加費:3000円(書籍代、手前味噌キット代込み)
※『おうちでかんたん こうじづくり』をすでにお持ちの方は、書籍代をお引きします。

■お問い合わせ・申込先
農文協・農業書センター
電話 03-6261-4760 FAX:03-6261-4761
メール:tanifuji-r@mail.ruralnet.or.jp

« 新しい投稿古い投稿 »

Powered by WordPress