農文協からのお知らせ

2016年4月14日

【プレゼント】「第18回国際バラとガーデニングショウ」招待券 3名様に!

カテゴリー: お知らせ, イベント — okabe @ 2:52 PM

「第18回国際バラとガーデニングショウ」の招待券 3名様に!

18bara

5月といえば、バラ愛好家にはおなじみ、世界のバラとガーデニングが楽しめる
「第18回 国際バラとガーデニングショウ」が、5月13日(金)から18日(水)まで西武プリンスドーム(埼玉県所沢市)で開催されます。

約100万輪のバラの花と芳しい香で会場が包まれるこのイベント。

18回目となる今回は、“Parisパリ”というコンセプトのもと、国内外のバラやガーデニングのスペシャリストたちがそれぞれピッタリなバラやガーデンニングを提案します。また、季刊『うかたま』で連載中の“耕す女子たち”でおなじみのミニ耕うん機が、芝刈機、発電機などとともに、フランス風ガーデンスタイルを表現したホンダブースで展示されます。

この「第18回 国際バラとガーデニングショウ」の招待券を 3名様に抽選でプレゼント。(当日価格2200円)
美しいガーデニングを堪能しに、豊かでおしゃれなガーデンライフのヒントを探しに。緑が恋しくなる5月のおでかけにピッタリですね。

「第18回国際バラとガーデニングショウ」公式ホームページ

==プレゼントへの応募方法は下記をご覧ください。==

お送りいただくメールのタイトルを ■国際バラとガーデニングショウの招待券希望
として以下の項目を記入してお送りください。
尚、発表は発送をもって代えさせていただきます。

*応募は締め切らせていただきました*

=====================================

2016年4月8日

【映画】 『無音の叫び声』東京公開(4/9土~)のご案内

カテゴリー: お知らせ, イベント — okabe @ 3:36 PM

==農民詩人 木村迪夫の半生を描くドキュメンタリー映画==

sakebigoe02

日本を代表する山形県出身の農民詩人で、
戦後、日本社会と格闘しながら反戦平和を叫び、
三里塚闘争を記録した小川紳介を村に呼び寄
せるなど地方の村の再生にも寄与した木村迪夫
(みちお)の半生を描いたドキュメンタリー映画
『無音の叫び声』が、4/9(土)から東京・ポレポレ
東中野
で公開されます。

監督は『いのち耕す人々』(2006)や『天に栄える村』
(2012)など日本の農業を撮り続けている原村政樹。
ナレーションに俳優の室井滋、詩の朗読には自らも農業に
携わり、近年、映画やドラマで存在感をみせる田中泯が務
めています。

プレミア上映となりました昨年の山形国際ドキュメンタリー映画祭では、1200名収容の一番大きな
会場で立ち見が出るほどのお客さまにご来場いただき、1月下旬から先行上映された山形での劇
場公開も大きな反響がありました。

東京・ポレポレ東中野での公開期間中には、映画や主人公の木村さんに関係する
さまざまなゲストの方をお招きして、上映後にトークイベントもあります。

是非、この機会にご覧になってください。

■原村監督 編著 『無音の叫び声―農民詩人・木村迪夫は語る』 農文協刊

muonnnosakebigoe

2,592円 (税込) ISBN978-4-540-15183-5

ドキュメンタリー映画「無音の叫び声 -農民詩人 木村迪夫の牧野物語」
(原村政樹監督、2015年10月公開作品)の書籍版。本書は映画と連動して、
戦 争で一家の大黒柱を失った農家の戦後史を辿り、戦争とは相容れない
自然と農と村の奥深さを描いている。この国で農民として生きるとはいったい
どういうこと だったのか。戦争と平和、そして命につながる農の営み。
この普遍的なテーマに汗みどろになって取り組んできた木村迪夫の生き様を、
迪夫の語りを縦糸に、迪 夫の詩を横糸にして綴った。

声高に反戦を叫ぶのではなく、静かに訴える。

2015年12月17日

【イベント】都市・農村共生社会創造シンポジウム in広島

カテゴリー: お知らせ, イベント — okabe @ 2:07 PM

都市・農村共生社会創造シンポジウム in広島

全国町村会と地域活性化センターは、昨今都市住民や若者・子育て世代を中心に高まりを見せている農村志向に着目し、都市と農村が協力し合いながら共 生する方策について議論するシンポジウムを全国5か所で開催しています。 第4回目は「地域をあきらめない」をテーマに広島で開催します。

農村だけでなく都市においても急速な高齢化や人口減少が進行しており、このままでは、長続きするかたちで地域を次世代に受け渡すことが難しくなって います。改めて人・自然・伝統のつながりが重なる「地域社会=地元」の重要性を共有し、地域をしっかり結び直す営みの可能性を提示します。

hirosima160115

■日時:2016年1月15日(土)13時30分~17時00分(13時開場)

■場所:ホテルメルパルク広島(広島市中区基町6-36)
■参加料:無料(要・事前申込み)
■定員:200名(先着順)

主催 :全国町村会 一般財団法人地域活性化センター
協力:一般社団法人農山漁村文化協会(農文協)

◆基調講演『地元を創り直す時代~長続きする地域のかたち』

島根県中山間地域研究センター研究統括監 藤山 浩氏

都市と農村における詳細な人口分析を基に地域継承の困難性を明らかにした上で、都市・農村双方における「地元の創り直し」の必要性を訴え、長続きする地域のかたちに向けてパートナーエリアとしての共生を考えます。

◆パネルディスカッション『地域をあきらめない女性たち』

あきらめても地域は何も変わらない。地域を細やかに見つめ直し、その息遣いや深み、きらめきを感じ、動き出した女性たち。暮らしをあきらめない。自分をあきらめない。未来をあきらめない。地域をあきらめない女性たち。

コーディネーター:甲斐 良治氏(一般社団法人農山漁村文化協会編集局)
パネリスト     :山川 みを氏(農業生産法人かみなか農楽舎 福井県若狭町)
パネリスト     :西村早栄子氏(森のようちえんまるたんぼう代表 鳥取県智頭町)
パネリスト     :内田 咲子氏(有限会社咲楽代表取締役 島根県奥出雲町)
パネリスト     :片岡芙佐子氏(パン工房カントリーグレイン 広島県東広島市)
コメンテーター  :藤山 浩 氏(島根県中山間地域研究センター研究統括監)

■参加申し込み・お問い合わせは
一般財団法人 地域活性化センター 企画・コンサルタント業務課
TEL03-5202-6133 FAX03-5202-0755

・詳しくは チラシ(PDF)

メールでのお申し込みは kikaku@jcrd.jp まで 以下の要素でお申し込みください

========================================

●お名前          (フリガナ)

●都道府県         ●市区町村

●職業(会社・学校名)

●TEL

●FAX

●E-mail

========================================

【関連書】
9784540142437
■田園回帰1%戦略

地元に人と仕事を取り戻す

藤山浩

9784540142352
■はじまった田園回帰(農文協ブックレット12)

現場からの報告

著者 小田切徳美
藤山浩
石橋良治
土屋紀子


2015年12月8日

【イベント】福岡・糸島の「手しごと品」の展示販売

カテゴリー: お知らせ, イベント — okabe @ 10:47 AM

salone福岡県・西の端っこ。
おおらかな風土がもたらす
手しごとのまち、糸島。

そんな糸島の「手しごと品」を集めて

東京で展示販売・商談会が開催されます。
ぜひ、この機会にお運びください。






=============================

Itoshima手しごとサローネ in 東京

日時:2015年12月16日(水)~月22日(火)10:00〜19:00
場所:日本橋三越本店 本館7階 「はじまりのカフェ」
(〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1-4-1)
電話:03-3274-8843

=============================

詳しくは

手しごとクローネ HP

■■■■■■■■■■■■ 手しごとサローネ ■■■■■■■■■■■■

糸島ではやわらかな陽が満ち、恵の雨に潤され、
土地の力を蓄えて穏やかな時が巡ります。

たくさんの手しごとが日々のくらしを支え、育み、あたらしい絆をつくる

そんな糸島の魅力を伝えたくて
「Itoshima手しごとサローネ」をみなさまへお届けいたしします。

「Itoshima手しごとサローネ」で紹介できる商品はほんの一部です。

人の手によって生み出される「手しごと」を実際に触れ、
味わって、糸島を感じていただけたらとてもうれしいです。

いつか、糸島でもお会いしましょう。

2015年12月4日

【イベント】紫波町図書館 一般企画展示「シークレット・ブック オビのチカラ」

カテゴリー: イベント — okabe @ 10:27 AM

農文協も協力しましたイベントのお知らせです。
==================================
岩手紫波町図書館 一般企画展示「シークレット・ブック オビのチカラ」

■展示期間 2015/11/28(土)~ 2015/12/24(木)
■展示場所 一般書フロア

本を選ぶときの参考となる要素として、本の表紙やタイトル、あらすじなどの情報があります。
今回は、「本の帯」に注目して本を選んでみませんか。
併せて、各出版社が力を注いでいる、「本の帯」への想いを紹介します。

協力:苦楽堂、国書刊行会、農山漁村文化協会、吉川弘文館
==================================

DSC09176

本についている帯(腰巻・こしまきと呼ばれることも)は、
出版社や編集者の思いがつまったもの。

ではその帯だけで表紙を隠してしまったら…

クリスマスプレゼントのようなドキドキする赤い袋に入った書籍。
タイトルは分からないけど、帯がつけられているとしたら、
あなたはどの本を選びますか?

岩手の紫波町図書館で企画展示が開催中です。
農文協の「ある本」の帯と、編集者の思いも展示されています。

お近くの方、ぜひご覧になって(選んでみて)ください。

紫波町図書館HP
DSC09257

2015年10月13日

【シンポジウム】都市・農村共生社会創造シンポジウム in東京11/7(無料)

カテゴリー: イベント, 著者 — okabe @ 11:35 AM

都市・農村共生社会創造シンポジウム in東京

都市住民、特に若者や子育て世代などの農村志向が高まっています。
こうした動きを「田園回帰」として捉え、農村の持つ可能性と存在意義を
見つめ直し、農村と都市が協力し合いながら共生する社会を創造するために、
私たちは何をすべきでしょうか。基調スピーチによる問題提起とパネルディスカッションを通じて考えます。

tyousonkai20151107■日時:2015年11月7日(土)13:00~

■場所:コンベンションルームAP東京 八重洲通り(東京都中央区京橋1-10-7 KPP八重洲ビル7F)
■参加料:無料(要・申込み)
■定員:300名(先着順)

◆基調スピーチ「田園回帰と日本の未来」
・大江正章 氏(コモンズ代表)
・小田切徳美 氏(明治大学農学部教授)
・広井良典 氏(千葉大学法政経学部教授)

◆パネルディスカッション「田園回帰のススメ~共生と循環の扉を開く」
・藤山浩 氏(コーディネーター・島根県中山間地域研究センター研究統括監)
・横洲竜 氏(島根県邑南町定住支援コーディネーター)
・須田元樹 氏(株式会社 山の暮らし舎代表取締役)
・長島由佳 氏(合同会社PoLuckField里美代表 元地域おこし協力隊員)
・沼尾波子(コメンテーター・日本大学経済学部教授)

◆主催:全国町村会 一般財団法人 地域活性化センター
◆協力:岩波書店 コモンズ (一社)農山漁村文化協会(農文協)

■参加申し込み・お問い合わせは
一般財団法人 地域活性化センター 企画・コンサルタント業務課
TEL03-5202-6133 FAX03-5202-0755

・詳しくは チラシ(PDF)

メールでのお申し込みは kikaku@jcrd.jp まで 以下の要素でお申し込みください

========================================

●お名前          (フリガナ)

●都道府県         ●市区町村

●職業(会社・学校名)

●TEL

●FAX

●E-mail

========================================

【関連書】
9784540142437■田園回帰1%戦略

地元に人と仕事を取り戻す

藤山浩







9784540142352■はじまった田園回帰(農文協ブックレット12)

現場からの報告

著者 小田切徳美
藤山浩
石橋良治
土屋紀子


2015年10月9日

【新刊】『無音の叫び声-農民詩人・木村迪夫は語る』 映画は10/12公開!

カテゴリー: イベント, 地方, 著者, 記事 — okabe @ 12:02 PM

にほんのひのまる
なだてあかい
かえらぬ
おらがむすこの ちであかい

カバー+おび 6●戦後70年は残された女・子どもたちの戦いだった。
農民詩人・木村迪夫の反戦の叫びを
ドキュメンタリー映画監督・原村政樹が綴る。
【目次より】
はじめに
1.農民詩人・木村迪夫の誕生
大地に生きる詩人/自我の目覚め/研ぎ澄まされた精神
2.逆境の中で
反戦詩人・木村迪夫/戦争未亡人となった母/祖母の慟哭/非情な村/戦争で父を失って

3.村を描く
真壁仁との出会い/結婚/青年団・青年学級活動

4.村の外から
変わりゆく村/出稼ぎ

5.村で生きる
「ゴミ屋」開業/減反(コメを作るな)/小川プロダクションを村に呼ぶ/村の精神風土を描く

6.埋もれさせない
戦没者たちの怨念を伝える(飢餓地獄のウェーキ島)/果たせぬ夢/村よ 永遠に

追記 まぎの村へ帰ろう

あとがき
(それぞれの章に木村迪夫の詩を収録)

●ご注文は「田舎の本屋さん」
flyer-A

ドキュメンタリー映画「無音の叫び声-農民詩人 木村迪夫の牧野物語」
(原村政樹監督、2015年10月公開作品)の書籍版。

本書は映画と連動して、一農家(戦争で一家の大黒柱を失った家族)の戦後史を辿り、戦争とは相容れない自然と農と村の奥深さを描いている。木村迪夫という一農民の自伝ではなく、人物伝でもない。この国で、農民として生きるとはいったいどういうことだったのか。戦争と平和、そして命につながる農の営み。この普遍的なテーマに汗みどろになって取り組んできた木村迪夫の生き様を、迪夫の語りを縦糸に、迪夫の詩を横糸にして綴った。声高に反戦を叫ぶのではなく、静かに訴える「無音の叫び声」。
映画中の詩の朗読は、舞踊家の田中泯さんです。

■山形国際ドキュメンタリー映画祭で世界初公開!
10月12日 山形市民会館 10:00~(1回のみ)
http://www.eiga-muon.net/
*終了後 田中泯さん、木村迪夫さん、原村政樹 監督の舞台挨拶あり。

【イベント】 「シカ・イノシシ利用大全」著者 田中康弘さんトークショー

カテゴリー: イベント, 著者 — okabe @ 11:21 AM

■「シカ・イノシシ利用大全 絶品料理からハンドクラフトまで」
著者 田中康弘さんのトークショーです。

recommend_image

発売後、大好評です!
また、著者の6月に出た「山怪」(山と溪谷社)もぐんぐん売れてます。

そんな田中さんのトークショーが神保町で開かれます。
参加無料です。(書泉グランデは要申込み)

ぜひ、お越しください

(終了しました)その1【神保町・農業書センター】 「『食べる』が基本! 狩猟の世界を丸ごと知る」
shop2■日 時:10月22日(木) 午後7時~
■場 所:農業書センター特設ステージ TEL:03-6261-4760 FAX:03-6261-4761
東京都千代田区神田神保町2-15-2 第1冨士ビル3階
■参加費:無料
お問い合わせは TEL:03-6261-4760
アクセスはこちら

★終了しました。たくさんのご参加ありがとうございました。

その2【書泉グランデ(神保町)7F イベントスペース】

shop_1■日時:2015 年11月5日(木)19:00開演(18:45 開場)
■場所:東京都千代田区神田神保町1-3-2
書泉グランデ(神保町)7F イベントスペース
■参加費:無料(5Fレジにて参加券を差し上げます)
お問い合わせ・詳細は
書泉グランデ5階 03-3295-0011まで

アクセスはこちら

2015年9月9日

【イベント】「OH!産day!」9/13(日)開催!

カテゴリー: イベント, 著者 — okabe @ 1:52 PM

「お産を楽しむ本」著者関連イベントです!

本はこちら「お産を楽しむ本」

=============================

「産むこと・生まれること(お産)」を身近に感じるイベント”Oh! 産day!”。
2回目の”Oh! 産day”のテーマは、「未来へのバトン」です。

たくさんのワークショップ、おいしいFood、心くすぐる雑貨や服のお買い物・・・
これから産む人、産みたい人、カップル、おじいちゃんおばあちゃん、
そして、赤ちゃんもこどもも。みんなが素敵につながる1日。
みんなで遊びに来て下さいね。

[日時]
2015年9月13日(日曜)
出店:10:00~16:00
Jazz ライブ:17:30〜19:00

[場所]
やぼろじ(メイン会場)・くにたちはたけんぼ・下谷保防災センター

■詳しくは

http://manmaru-jyosanin.com/sunday/

2015年9月3日

大ブレイク!「山怪」著者のトークショーです。

カテゴリー: イベント, 新刊, 著者 — okabe @ 5:07 PM

■現代の「遠野物語」・現代農業でおなじみ、田中カメラマンの聞き書きした「こわーいお話」集。

yamakai AMAZONの「文学>伝承・神話」ジャンルで第1位!
「山怪 山人が語る不思議な話」(山と溪谷社)

アウトドアカメラマン「旅マタギ」こと田中康弘氏が、
交流のある秋田・阿仁のマタギたちや、各地の猟師、
山で働き暮らす人びとから、実話として聞いた山の奇妙で怖ろしい体験談を多数収録。
話者が自分で経験したこととして語る物語は、リアリティがあり、かつとらえどころのない
山の裏側の世界を垣間見させてくれる。山の怪談集です。

今回、著者によるトーク&サイン会が八重洲ブックセンター本店にて行われます!
■日時:2015年9月30日 (水) 19時00分~(開場:18時30分)
■場所:八重洲ブックセンター本店 8F ギャラリー

■参加費:500円 50名(申し込み先着順)
主催:八重洲ブックセンター 協賛:山と溪谷社

お申込み・詳しくは こちら から

さて、田中さんの次の【新刊】は、農文協から!

9784540141973シカイノシシ大全 猟師が教えるシカ・イノシシ利用大全―絶品料理からハンドクラフトまで
田中康弘 著
AB判112頁(カラー64頁)本体2500円+税

●獲ったシカやイノシシ、どうしてますか? 山に埋めたり、焼却施設で処分したりすれば獣害は減らせますが、なんだかもったいない。本書はそんなシカやイノシシを猟師に学んで徹底的に利用してしまおうという本です。
●第1章 食べる ― 猟師の日常調理 ◆イノシシ/◆シカ
●第2章  皮・角・牙を利用する ― 手づくりの愉しみ
●第3章  獲る ― 獲物との駆け引きの知恵 ◆ワナ猟/◆銃猟/楽しいぜ! 狩猟アイテムの世界
●第4章 売る ― おカネに換える技
目次を見ていただいてわかるように、この本では肉はもちろん、皮、角、牙までまるごと利用しちゃう方法を載せています。しかも、最終的にそれを売ってお金に換える技まで紹介しています。たとえば、食べ方の一例を見てみましょう。
ページをめくると最初に登場するのが、イノシシ肉の紅茶煮。紅茶色に染まった薄切り肉の写真がじつにおいしそう。イノシシ肉は「くさい、固い、まずい」という人もいますが、紅茶を2袋入れて煮込むだけで臭みがとれるのだそう。となりのページにはトロリとしたブラウンソースにからまったイノシシ肉。これはマーマレード煮。紅茶煮と同様、マーマレードと煮ると臭みがとれ、肉も柔らかくなるとのこと。いずれも、大分県の猟師、廣畑栄次さん・美加さん夫妻に教えてもらった料理です。レストランのシェフの料理ではなく猟師の日常料理なので、だれでも作れます。獣をいっぱい獲って、いっぱい食べたくなること間違いなしです。
ほかにも、シカ皮をわりと簡単になめせる「ミョウバンなめし」の方法や、捕獲率が高まる炭を使った箱ワナの仕掛け方など、猟師の技が満載。著者は「現代農業」の常連カメラマンの田中康弘さん。迫力ある写真でぐいぐいと読ませます。

9/16発売予定、ご予約受付中!
ご注文は こちら から

古い投稿 »

Powered by WordPress